パソコンより

Tomoyuki Yagihashi

八木橋 智幸
Tomoyuki Yagihashi

システムインテグレーション事業本部

東京本部

アプリケーション開発グループ 第一チーム

”社内に色々な考え方の人がいて、単純に面白いなと思う”
自分自身の技術者として弱い部分を感じ、転職を決意

前職では9年間外食産業のお客様のC/S系システム開発・保守業務を行っていました。そこではリーダーの経験もさせていただき、非常にやりがいを感じていたのですが、世間ではシステムがWeb化していっている中で技術者として弱い部分を感じ、転職を決意しました。


当社に入社を決めた理由は、Web系の開発へとスキルチェンジをしたかったから。その中でも、複数企業に応募をしていましたが、窓口となっていた人事担当者のレスポンスが早く、面接やメールでも誠実に自分自身に向き合ってくれたことが、入社の決め手となりました。

やりたいことに挑戦できるきっかけがある会社

現在は、企業の給与パッケージの開発の案件に携わっており、Web系とC/S系の両方に携わることができています。さらに昨年は新人のチューターも担当しております。もともとWeb系の開発に携わりたいという想いがあったため、やりがいを感じています。


また、そのほかにも社内システム開発のプロジェクトに参画させてもらい、新しい技術にチャレンジさせてもらっています。やりたいことに挑戦できるきっかけがある会社であると感じています。

リーダー会でのリーダーたちの意見には非常に刺激をもらっています

ヴァイタル・インフォメーションに入社してよかったと感じる点は、やはりWeb系開発に携われたことが一番です。現在はWeb系とC/S系半々の業務ですが、半歩でも踏み出せたのはとてもありがたいと感じています。


また、社内に色々な考え方の人がいて、単純に面白いなと思っています。今年度からリーダー会にも参加させていただき、会社としていい方向に向かうための活動に参加させていただいているのですが、そこでのリーダーたちの意見には非常に刺激をもらっています。考えて突き進む人、鋭い意見を言う人など自分にない部分が見えると、とても参考になります。


今後はエンジニアもマネジメントも両方に携わっていきたいと考えています。もっと経験を積んで成長していきたいです。大変だとは思うのですが、それが自分自身のやりがいにつながると思っています。