ダイバーシティ | ヴァイタル・インフォメーション株式会社 採用サイト

パソコンより

WORK PLACE

ダイバーシティ


個々の能力を最大限に発揮できる職場環境を

ヴァイタル・インフォメーションでは、企業が成長するために「ダイバーシティ推進」を重要な経営戦略の一つと位置付け、性別・年齢・国籍・障がいの有無・性的指向など、多種多様な人材が、個々の能力を最大限に発揮できる職場環境や、長く働ける仕組み作りに会社全体で取り組んでいます。
「社員に長く働いてもらいたい」という想いの元、社員一人ひとりが最高のパフォーマンスを発揮し活躍できる環境を用意しています。


女性社員の活躍推進


ヴァイタル・インフォメーションでは2020年までに女性社員比率を30%に引き上げることを目標に、女性が結婚・出産を経ても働ける環境を会社全体で整えています。仕事に性別は関係ありませんが、女性が経営の意思決定に参加することを経営戦略のひとつとし、結婚、出産、子育てなど、多くのライフイベントの中、仕事と私生活のバランス(ライフワークバランス)を取りながら、女性がイキイキと長く働ける環境を用意しています。

ワーキングマザーへの支援

「仕事と家庭の両立が難しい」というイメージが強いこの業界、結婚・出産を機に働くことをあきらめてしまう方も少なくないと思います。

ヴァイタルでは「あなただけにあわせた働き方」を用意しており、将来は子育てをしながら働きたい人も、今はそれが考えられない人も女性のライフイベントにあわせた働き方が可能です。

現在は6名の女性社員が「仕事と家庭の両立」のために、時短勤務制度を活用して活躍中です。女性の活躍を広げるため、産休・育休制度をはじめとして柔軟な勤務スタイルや在宅勤務制度も取り揃えております。「自分にあった環境で長く働きたい」そんなあなたの想いにしっかりと寄り添います。

ライフワークバランス支援

育児や介護のみならず、多様な働き方を支援していくことが企業の成長には必要不可欠です。

多様な働き方ができるということは、仕事と私生活を充実させるだけでなく、能力を最大限に発揮できる環境であると考えます。シフト勤務等、あなたの求める働き方にて「キャリアプラン」を実現できる制度を整えております。

外国人社員の活躍推進


ヴァイタルでは「グローバル化」の一環として外国籍社員の採用と人材を育成する取り組みを行っています。「人との信頼を大切に社会に貢献するグローバル企業になろう」との経営理念を元に「世界中の先進かつ良いものを常に見据え、国際社会でも評価される企業」を目標に掲げ、実現できる人材を国籍問わず必要としています。

障がいのある社員の支援


誰もが働ける職場を目指し、障がいのある方の採用を行っています。職場のバリアフリー化や、在宅勤務制度等 環境改善への取り組みをはじめとした活躍支援に取り組んでおります。現在の障がい者雇用率は2%(法定雇用率2%)となっており、今後も雇用促進、環境整備に努めていきます。