パソコンより

Shinya Nishizaka

西坂 信哉
Shinya Nishizaka

システムインテグレーション事業本部

東京本部

アプリケーション開発グループ チームリーダー

”自分のやりたいことをさせてくれる場所を用意してくれた”
同じ現場で10年…他では通じるのかが不安だった

当社に入社する前はフリーランスや派遣等で活動しており、C/S系パッケージのカスタマイズ業務に10年間携わっていました。その中で、はたして他の業務で自分の力は通じるのか・・・。という気持ちが年々強くなっていきました。仕事に関してもできる範囲が限られていたことがあり、キャリアアップできる環境ではありませんでした。そこで、転職活動を決意しました。


ヴァイタル・インフォメーションに興味を持ったのは、常駐も受託開発も両方ともやっていた事が一番大きかったです。拠点も東京・大阪の2拠点があり、仕事の幅が広いことも感じました。Web系の開発に携わりたいという思いを軸に、リーダー業務やマネジメント業務にも将来的には携わっていきたいと感じていたのですが、ここにはその環境があると実感し、入社を決意しました。

任せられたからにはチームを引っ張っていきたい

当社にはキャリアアップできる環境が整っています。私は現在、アプリケーション開発グループ第1チームのチームリーダーとしてマネジメント業務を行っています。メンバーは約40人。やりがいは感じておりますが、それぞれ事業所が分かれて勤務しているため、特に現場で働いているメンバーのフォローについては試行錯誤の日々です。


任命された当初は嬉しい反面、リーダーは私でいいのか・・・と悩んだりもしました。ですが、任せられたからにはチームを引っ張っていきたいと強く感じています。

様々なことを経験しながら、チーム一丸となって成長していきたい

今の業務は、メンバー管理や見積もり等、携わっている業務の責任はとても大きく、大きなプレッシャーを感じたりします。しかし、プロジェクトが上手くいったときは言葉に言い表せないほどの達成感と充実感があります。今は、チームリーダーとして日々勉強の毎日ですが、これからもリーダー業務を責任をもちしっかりと行い、メンバーにもっと上のレイヤーの仕事に携わってもらえるようにしていきたいです。


また、自分自身の目指す先ももっと上です。ヴァイタル・インフォメーションに入社して良かったと感じるのは、自分のやりたいことをさせてくれる場所を用意してくれたことです。今後も、様々なことを経験しながら、チーム一丸となって成長していきたいと感じております。