パソコンより

WORK PLACE

育成・研修制度


すべての社員が最高のパフォーマンスを発揮できる場であるように

ヴァイタル・インフォメーションには、会社が一丸となり社員一人ひとりの実力を底上げする環境が整っています。
あなた自身のキャリアプランに向けて成長し続ける場であるために、さまざまな研修制度や育成制度を用意しています。


育成制度


「自ら考え行動し働くこと」社員が働く上で徹底している行動指針のひとつです。

自分自身で考え行動し、働くのが当社の社員であるという想いの元、社員の成長に合わせた研修制度を取りそろえています。研修を通じ、お客様や社内のメンバーと信頼関係を築き、チームビジネスを進めていくことのできる人材を育成していきます。

新人向け研修

社会人としての心構えやビジネスマナー、ヴァイタルで働く上で必要な考え方、基礎的なテクニカルスキルの習得を行います。実際に当社の社員が講師となり、3ヶ月間で社会人としての土台をしっかりと構築していきます。

ビジネス研修

ヴァイタルの一員としての言動を身に着け、社会人としての基礎をキッチリと作っていくため、社会人の心構えや挨拶の基礎、電話対応やビジネス文書作成方法まで1ヶ月間幅広く学んでいきます。

テクニカル研修

実際にシステム開発を行いながら2か月間でIT業界に携わるものとしての広い知識を身に着けていきます。プログラミングやチームでのプロジェクトの進め方等、実践しながら学んでいきます。

ヒューマンスキル研修

会社全体が「人格者集団」となっていく事を目標にした研修です。当社の理念のひとつは「PCよりも人が好き」。人が好きな仲間が集まっているからこそ「人間力」を重要視し、教育に力を入れているのです。

研修は主にe-learning、集合研修にて行われ、集合研修では自らの考えを行動に移せるように、ディスカッション形式にて実施します。また、e-learningでは月に1度レポート形式にて定期的な受講を継続して行っていきます。

ビジネススキル研修

主に、各職位や階層に応じた研修を行っています。

階層別研修では、活躍するフィールドの拡大、キャリアビジョン実現に向けた支援を目的とし、社員を経営者・上級管理者・リーダー・サブリーダー・中堅・新人の6層に分け階層毎に必要なスキルを身に着けていただきます。

その他にも、コンプライアンスやメンタルヘルスを学ぶ全階層向け研修や、部下、後輩指導の根底を学ぶチューター研修等、一人ひとりの持つ能力を磨き、育てていきます。

テクニカル研修

「高技術者集団」になるため、担当する業務を遂行する上で必要となる知識や、さまざまな技術ニーズに対応するスキルを学ぶための研修を定期的に行っています。

「言語研修(VB.NET、Java等)」「サーバー研修(Linux、Windows等)」といったスキルを高める研修を始め「プロジェクト手法研修(VIアジャイル開発標準の研修)」といった開発手法の研修と、多様な研修があります。

研修については職種別に組織された各グループ、チームに所属する社員が中心となり開催されるので、より専門性に特化した知識を高め、スキルアップできる仕組みとなっています。

評価制度


社員一人ひとりが思い描くキャリアビジョンを実現するための制度があります。社員の「なりたい姿」を実現していただくために必要であるさまざまな制度・仕組みを取り揃えております。

チューター制度

新人1人に対し、先輩社員が一人チューター(指導係)となり、マンツーマンで成長をサポートする制度です。チューターは新人の相談に乗りながら、きめ細かいフォローを行います。

定期的な面談や日々のコミュニケーションによって、不安を理解した上で成長を手助けしていきます。

評価制度

ランク制度

社内の職務を分野ごとに分類。ランクごとの職務要件を明示し、仕事の能力に応じて1から13までのランクに分け、能力開発・評価制度・給与体系がランクに応じて行われます。各ランクに項目を設け、基準値をクリアしたら上のランクに昇格していきます。

キャリア面談

半年に一度、職種別にて評価制度を実施しています。評価については、まずは自己評価、次に2度上司の評価が行われ、結果を本人にフィードバックします。自分の行動・成果がどう評価されているのかを明確にし、キャリアアップや、キャリアビジョンの実現に必要なことも把握できます。

資格取得制度

社員の積極的なスキル向上を支援するために、資格取得支援制度を導入しております。入社後対象の資格を取得した場合、受験費用と共に、報奨金が支給される仕組みです。対象資格は全102種類となります。

例)基本情報技術者,ORACLE MASTER, Oracle Java SE, LPI認定 等…