パソコンより

Ksenia Boychenko

ボイチェンコ クセニア
Ksenia Boychenko

システムインテグレーション事業本部

東京本部

アプリケーション開発グループ 第一チーム

”国籍・文化が違っても、会社全体が理解し受入れてくれた”
会社全体が一人ひとりを思いやる優しい人たちの集まりだった

学生時代は、電子応用工学を学んでいたので、IT業界を第一志望としていました。数ある企業がある中でヴァイタル・インフォメーションに興味を持ったきっかけは、就活サイトの当社ページに掲載されていた「PCよりも人が好き」というキャッチフレーズでした。優しい印象を持ったのを覚えています。実際に会社説明会に参加して会社の雰囲気を知り、それが確信に変わりました。


ヴァイタル・インフォメーションに入社を決めたのは、「優しい人」の集まりだったから。面接の際に社員や役員の方たちが、国籍や文化の異なる私を理解し思いやりをもって接してくれたのです。


実際働いてみても印象は変わりませんでした。会社全体が一人ひとりを思いやる優しい人たちの集まりだったのです。それぞれの違いを受け入れ、理解して接してくれる中で、余計な心配をせずに成長できる環境があるのは、素直にヴァイタル・インフォメーションに入社してよかった!と思える点です。

私の成長をしっかり考えつつも、挑戦できる機会を作ってもらえる

元々、システム開発に携わっていきたいという思いがあり、新人研修後は一貫してシステムの開発業務に携わっています。3ヶ月の新人研修が修了した後、まず初めに配属されたのが社内受託チームでした。そこでは、先輩に教えてもらいながら既存システムの修正に携わり、プログラミングをはじめ基本設計書の修正も行っていました。入社1年目からこのような業務に触れることができるとは思っていなかったため、非常に驚きました。分からない事ばかりでしたが、先輩が私自身の力を理解し、教育を兼ねて様々な仕事にチャレンジさせてくれたのです。


現在は、お客様先のシステム開発チームにてシステム開発を行っていますが、こちらでも毎日がチャレンジの連続です。プログラミングをメインに行いながらも、担当している案件の中で、お客様とのやり取りも任せてもらっています。開発中に分からないことがあればお客様に確認したり、逆にお客様からの質問に対しての回答をしながら開発を行っています。現在のチームも、自身の力をしっかりと評価し仕事を任せてくれる環境です。


例えば、配属されて間もない頃、大きなシステム開発案件に携わった時の事です。大きい案件だったので、作業を2つに分けて行ったのですが、当初はそのうちの1つを私が担当し、もう1つの難易度が高い方を先輩がメインで担当する予定でした。ですが、作成した基本設計書をお客様にレビューしていただいたところ、お客様は私自身の力を評価して下さり、システム開発案件の全工程を任せてもらえたのです。


このように、私の成長をしっかり考えつつ、挑戦できる機会を作ってもらえることがとても嬉しかったですし、何よりも問題なくリリースできた時の達成感はひとしおでした。

成長するための最もベストな環境を先輩たちが用意してくれた

今後のキャリアビジョンとしては、まずはもっとシステムの概要まで説明できるようなエンジニアとして成長していきたいです。また、後輩の教育をしっかりできる先輩になっていきたいとも考えております。目標としているのは、今現場で私を教育して下さっている2名の先輩です。


私自身の現状のスキルや不安点をしっかり理解するために、定期的な面談を行ってくださったり、出来ることが増えたらちゃんと評価してくれる。エンジニアとして成長するための最もベストな環境を先輩たちが作り上げてくださっているのです。なので、私は何の心配もなく成長することができているのです。近い将来、後輩が出来た際には私自身が先輩達からしてもらった事を受け継いで、教育に携わっていきたいと感じております。