パソコンより

基盤構築・システム運用・保守・サポートチーム

OUTLINE

チームのミッション
総合商社の基幹系システムの基盤構築、インフラ構築・運用・保守を担当 システム運用における技術支援も行っている
チーム業務
お客様が活用している基幹系システムをトラブルなく稼働させる また、トラブルがあった場合も即解消させる業務

MEMBERS

CONTENTS

ポイント
基幹系システムの基盤/インフラ構築・運用・保守に携わり、日々あわただしく業務を行っている彼ら。他チームとの連携が必要不可欠である中でも、スムーズにプロジェクトを遂行させる秘訣や、仕事のやりがいをプロジェクトメンバーに聞いてみました。

現在、担当しているプロジェクトはどのようなものでしょうか?
また、どのようなフェーズ、ポジションで作業を行われていますか?

久田

総合商社の帳票システムの運用業務です。 ユーザーに帳票システムを使っていただくうえでの運用やトラブル対応を担当しています。 担当している帳票システムは、私以外に、ヴァイタル・インフォメーションの大阪本部の3名が担当しています。

及川

総合商社の基幹系システムのユーザーIDの管理や権限の運用業務をしています。 ユーザーからの問い合わせ窓口になっており、その対応をしています。 組織の改正に合わせたシステムの変更等も行っています。

秋山

基本及川さんと同じ業務です。 総合商社の基幹系システムのユーザーIDの管理や権限の運用業務になります。 権限に関しては、ユーザーからの申請の確認を行い、不備があった際はユーザーに詳細内容を確認します。 そのため、直接ユーザーと電話やメールでコミュニケーションをとることが多くあります。

仕事をする上で、チームで大切にしている事はありますか?
また、チーム内はどういった雰囲気ですか?

及川

すごいアットホームであると思います。風通しがよく非常に話をしやすいチームです。 同じチームとはいえ、行っている作業はそれぞれ異なっています。 メンバーがどういう状況になっているのかを確認できるように連絡を取り合っています。

秋山

大事にしていることは、情報共有です。 メンバーの作業役割が明確になっているため、連携しての業務が多くあります。 そのため、誰がどこまでの作業ができているのかという情報共有は密にしています。 雰囲気はメリハリがしっかりしていると思います。

久田

さきほどお伝えしたとおり、大阪との連携が多く、どうしても距離があるのですが、Skype等を使いコミュミケーションは非常に密にとっています。 なるべく一人で抱え込まないように、メンバーと共有し進めていくことを意識して対応しています。 また、業務の合間やちょっとした時間を使い、出来るだけ実際の業務と関連の無いお話もするように心掛けています。 大阪と距離がある中で、雰囲気作り・信頼関係構築のために大切なことだと考えています。 それが、秋山さんの言うメリハリの部分ではないでしょうか。

皆さんが仕事の中で感じたやりがいはどういったところですか?
また、仕事の中で成長を感じた点はありましたか?

秋山

チームで行っている業務が多くあるので、皆で達成できたときにやりがいを感じます。 まだ2年目なので、大きな責任のある仕事を任されたことはないのですが、私が任された仕事がチームに貢献できたときはやりがいを感じます。 今後は、仕事を振られるだけではなく、責任のある業務に携われるようになりたいと思っています。

久田

全く違う業界から転職してきたため、今までシステムに深く携わったことはありませんでした。 ITエンジニアとして新しい知識が、沢山増えることに大きなやりがいを感じます。 リーダーがいることで、どうしても甘えてしまっていることがあります。 自分が主担当として後輩を育てていけるように意識していきたいと思っています。

及川

ユーザーと直接話をする機会が多いので、頼られたり、感謝されたときは、大きなやりがいを感じています。 現在は、作業者・メンバーとしての立場になっています。 今後は管理者・リーダーを目指して頑張りたいと思っています。

ヴァイタル・インフォメーションに入って良かったことは?

久田

本当にみんないい人達でフレンドリーだと思います。 「育てよう」という姿勢を実感する事ができ、ITエンジニアとしてのキャリアプランに対しての道筋をたて、多くの仕事を任せていただけます。 そこは本当に嬉しく感じています。

秋山

チームの違う先輩であっても、私のことを気に留めていただき、沢山の方からフォローをいただきました。 気遣いができる本当にいい人ばかりだと感じています。

及川

ヴァイタル・インフォメーションは会社内の風通しが非常にいいと感じています。役職が上の方であろうが、そうでなかろうが、お互いに気さくに話しています。チーム間や役職間で壁があったりすると、周りではよく聞きますが、当社では壁は一切ないと感じています。秋山さんが大きく頷いていますが(笑)。

秋山

確かに感じます!