パソコンより

Kyoko Nagai

長井 恭子
Kyoko Nagai

システムインテグレーション事業本部

東京本部

アプリケーション開発グループ 第一チーム

”キャリアを諦めなくていい、ここなら大丈夫だと思える環境”
技術者として完全燃焼できる環境が整っていた

前職では社内SEとして自社パッケージソフトの開発に携わっていましたが、夫の海外転勤がきっかけで退職。出産、育児を経て3年ほど現場を離れていましたが、その中でも現場復帰したいという気持ちは常に持ち続けていました。


ヴァイタル・インフォメーションに入社を決めたのは、技術者として完全燃焼できる環境が整っていたから。「時短勤務」「在宅勤務」が必要に応じて使える、子供の体調不良で休んでも評価にマイナスにならないなど、子育てを支援してくれる環境がありました。既に時短勤務で働いているワーキングマザーの社員がいて、安心できたことも決め手でした。ここでなら「自分のキャリアを諦めなくて良いんだ」と実感できたのです。

新しいことにチャレンジさせてもらえるのが嬉しい

入社してまず携わったのが、社外向けの採用サイトのリニューアルです。デザインから実装まで携わっています。今までにWebデザインもフロントエンドの開発経験もなく、HTMLやCSSも自己流でした。元々興味があり自己学習していた分野ではあるのですが、当然初めての事ばかり。私にとって正に挑戦の連続です。入社する際に「様々なことにチャレンジできる」とは聞いていましたが、ここまで幅広いフェーズに携わらせてもらえるとは思っていませんでした。


未経験の言語やWebデザインに携わるということは、悩むことも多いですが、大変ながらもとても楽しくやりがいを感じています。何より、入社時に伝えた「いろいろな経験を積みたい」というこちらの想いを汲んで、信頼して任せてもらえているというのが嬉しいです。

私生活での様々な変化も「問題なく乗り越えられる」

現在、私は時短勤務で働いていますが、だからと言って仕事内容が変わるという事はありませんし、評価に関してもフルタイムで働く人と変わりません。仕事と育児の両立をしつつ、キャリアアップしていくことが可能です。


今後、子どもが成長し、私生活でも様々な変化があると思いますが、「問題なく乗り越えられる」と胸を張って言えます。キャリアを実現し、仕事を続けることができる環境が当社にはあります。今後も新しいことに積極的にチャレンジし続け、近い将来はマネジメントにも携わり、技術者として完全燃焼していきたいです。