パソコンより

Tomokazu Kaneyasu

兼康 友和
Tomokazu Kaneyasu

システムインテグレーション事業本部

東京本部

インフラグループ 第二チーム

”社員一人一人が前を向き、会社の事を想い行動している「活力」のある会社”
自分自身に興味を持って接してくれているというのが伝わってきた

学生時代は、大学の軽音楽サークルに所属しバンド活動に力を入れていたのですが、周囲が就職活動を始めたこともあり、私自身も就職活動を始めました。理系の学科で勉強していたこともあり、IT業界へ・・・とは思っていたのですが、正直、右も左も分からなかったのを覚えています。


そんな中で、受けたヴァイタル・インフォメーションの面接は、他の企業の面接のイメージと全然違いました。人事の方が私の話を親身になって話を聞いてくれたのです。いわゆる表面的なことを聞いて自分を判断されるのではなく、自分自身に興味を持って知る努力をしながら接してくれているというのが伝わってきました。面接後に「もっとこうしたほうが良いよ」とアドバイスをしてくれたこともとても印象に残っています。

私という人間に親身になって向き合ってくれるということを感じ、ヴァイタル・インフォメーションへの入社を決意しました。

「SEって何?」というところからのスタートでした

当社に入社して挑戦してみたかったことは、プログラムです。理系出身ということもあり、プログラムでものづくりをしたいと思っていたのです。とは言っても私は、「SEって何?」というところからのスタートでした。入社後はまずPCサポートの業務に携わることになりました。そこでは、実際に働きながらPCの基礎を学ぶことが出来ました。


その後、システムの運用、PGを経験し、現在はSEとしてシステムの開発をメインに運用業務にも携わっています。やりがいはとても感じます。現在は、要件定義から開発、リリースまでの一貫した業務を任せてもらえています。いちから携わったシステムによってお客様を支えることが出来ていると実感した時や、期待以上の成果を上げることが出来たときには、仕事に対するやりがいを非常に感じます。


今後はPLへキャリアアップしていきたいと考えています。そのためには技術力はもちろんですが、マネジメントのスキルを身に着ける必要があると感じています。自分自身で感じている課題をクリアし、スキルアップしていきたいです。

会社全体が「新しい取り組みにチャレンジする」という風土

ヴァイタル・インフォメーションは、自身のキャリアアップを支援してくれる環境があると感じます。上司や先輩が、同じ目線で話し、キャリアプランを達成するためにどうすればいいのかを共に考えてくれますし、自分の成果をしっかり評価してくれて、チャンスを与えてくれます。例えば、私は現在チームメンバーの評価者や、一部ですがリーダー業務にも挑戦させてもらっています。大変ではありますが、新しいことに挑戦することはとても勉強になりますし、任せられたことに対して期待を上回ることを意識し頑張っています。新しいことに挑戦させてくれるのも、会社全体が「新しい取り組みにチャレンジする」という風土だからだと思っています。


会社として、現在の事業も非常に安定しているとは思うのですが、現状維持を正とせず、時代にあった新しい取り組みをしています。例えば新規事業であるIoT事業や、会社をより良くするためにリーダーが話し合うリーダー会など、社員一人ひとりが前を向いて会社の事を想い行動しています。正に「活力」のある会社だと思います。