パソコンより

Saori Kamisawa

神澤 沙央里
Saori Kamisawa

システムインテグレーション事業本部

東京本部

アプリケーション開発グループ 第一チーム

”この会社ならば、入社した後もきっとしっかりと自分を見て評価をしてくれる”
学生時代に頑張っていたことをすごく評価してくれた

入社のきっかけは、面接で自分が頑張ったことを評価してくれたことです。私は、大学生時代に新聞奨学生として新聞配達を行いながら学校に通っていました。新聞配達をしながら、学業をこなし、就職活動を行う・・・とてもハードな生活でした。


そのことを面接時に伝えると、人事の方が「よく頑張ったね、大変だったでしょう」と、実際に言葉にして評価をしてくれたのです。就職活動では様々な企業の面接に足を運びましたが、自分が本当に頑張っていたことをしっかりと言葉で評価してもらえたのは、当社だけでした。


「この会社ならば、入社した後もきっとしっかりと評価をしてくれるだろう」そう確信して、入社を決意したのです。実際入社して、自分自身の選択が間違いではなかったと感じています。

働いてみると、良い意味でのギャップの連続でした

大学生時代に授業で触れたプログラミングがとても楽しいと感じたので、入社後は開発の仕事に携わりたい気持ちがありました。その気持ちに応えてもらい、現在はお客様先にてシステムの開発・運用業務をチームで行っています。働いてみてまず驚いたのが思った以上にエンドユーザーと直接やり取りする機会が多いことです。お客様との折衝はプレッシャーも感じましたが、非常にやりがいを感じました。新人に対しての教育体制が手厚く先輩が丁寧に指導してくれた事もあり、自信がどんどんついていくのを感じました。


自らが成長するたびに、先輩がしっかりと言葉にして褒めてくれたこともあり、「もっとこうなりたい」というやる気につながりました。また、やりたいと思う事に挑戦させてくれる風土もありました。働いてみると、学生の時に想像していたよりも私の事を思ってくれる環境でした。そういう点に、いい意味でのギャップを日々感じています。

目標に向けてこれからも突き進んでいきたい

目標は、チームの先輩のような事業所の責任者となる事です。お客様ともっともっといい関係を築きあげ、後輩の教育にも力をいれていきたいです。私と歳が近く、社会人経験も長いわけではない、そんな先輩が仕事をキッチリとこなし、お客様から信頼され、さらに私の教育もしてくれています。先輩のようになりたいという思いから入社2年目に自ら新卒入社の後輩の教育に志願した際も、チャレンジさせてもらえました。


今後も今まで以上に、先輩からしてもらった事を、純粋に後輩たちに受けついでいき、ヴァイタル・インフォメーション全体を巻き込んで、もっともっと会社を良くしていきたいと考えています。